2005年08月31日

雲と教会

huukei2.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

 教会の日曜礼拝に初めて行ったのは高校生の時でしたが、小生は信者ではありませんので、現時点では後にも先にもこれ一回だけです。
その日、遊ぶ約束をしていた信者である友人が、礼拝に行ってから出かけようと言うので、教会に足を踏み入れた。その友人は両親が信者であるので洗礼を受けたようで、本人は熱心な信仰者ではなく、学校でもワルに分類される方でした。教会の中では大勢の信者が、牧師さんの言葉に合わせて「アーメン」だとか起立して賛美歌を歌ったりするのですが、小生はそのタイミングも何もわからず、集団の中にいるにもかかわらずものすごい孤独感を感じた記憶があります。
 礼拝を終えてからその友人と本屋に行ったのですが、彼は本屋から本を万引きをして出てきた。そして一言「教会に行ったから今日は許して貰えるねん」と。
 宗教について真剣に考えたこともない年頃でしたが、そんなもんなのかなぁと空虚な思いしか浮びませんでした。
posted by Hiro, at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

小さなボート

ship.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

静かな入り江に、静かに浮かぶ小船。美しいラインがまるで女性のようで、魅力的なデザインでした。

カヌーやカヤックの経験はありませんが、以前、北海道へ向かう長距離フェリーの船中で、毎年北海道へ川下りをしに行くという人と出会った。すこし寂しげな感じのするその人は学校の教師をされており、数年前に離婚して子供も奥様の方で今は一人暮らしとの事でした。小生はあてどなくバイクで一放浪人旅するつもりだと話すと、「よければ道具もあるし、一日ぐらい一緒に川下りしましょう。」とお誘いを受けた。当時私はバイクに乗り始めたばかりで、ただバイクで走っているだけで楽しかったので、せっかくのお誘いを辞退してしまいました。今から思うと、なんともいいお誘いを受け、貴重な体験が出来るチャンスだったのにと少し残念な思い出になっています。
原動機に頼らず、自然な流れに身を任せ、水面の目線で世の中を見ると、見えてなかった事が見えてくるような気がしますね。
posted by Hiro, at 13:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

レンガ造りの家

image13-2.jpg
百均らくがきちょう uni鉛筆H

いかにも落書きって感じの大きさで、完成していなところがまた落書き度アップ要素です(なんのことやら)。
今日はバイクでツーリングに出かけましたが、山間の集落で見事な古い魅力的な「蔵」を見つけました。デジカメを持っていなかったので、携帯電話のカメラに収めましたが、やはりそれでは小さすぎ。今度デジカメを持って撮りに行こうと思いますが、人の家(蔵ですね)を撮るのって、結構勇気がいります。と言うか、断ってから撮らなければいけないものかと・・・・思案してしまいます。
posted by Hiro, at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

自転車

jitennsya1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

少し古い型の自転車です。
子供のころから自転車に乗るのが大好きでした。とにかく自転車であちこに「冒険」と称して走り回っていました。中一ぐらいだったと記憶していますが、祖父母の住む岡山の山深い田舎まで自転車で行った事があります。距離は80kmぐらいで、車で2時間弱の距離でしたが、子供にとってはかなりの冒険でした。祖父母を心配させないようにと、行くことを知らせていなかったので、着いた時に「おばあちゃん!」と言っても、遠いところからまさか自転車で孫が来るとは思ってもいないので、「誰じゃあ?」と言ったきり誰かわからなかったようです。しばらくして街に住む孫だとわかると「どえりゃーことしなるがよぉ」といいながら、大きなスイカを沢から引き上げて、半月状に切ってくれました。その夏は、祖父母の家にそのまま長い間泊めてもらい、自転車で田舎道を走り回りました。
幼い日の夏休みの一番の思い出です。
posted by Hiro, at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

パソコン

etc2.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

仕事に使用しているパソコンです。
パソコンも以前に比べどんどん処理速度は早くなっているはずで、インターネット回線も光ファイバーなどが普及し、アクセスも早く出来るようになっているはずです。しかし、インターネットに関しては、画面が現れるまでの時間は以前より長くなった気がします。そのあたりの話には全く詳しくないのですが、人の話によるとウイルスセキュリティのチェックが働いている時間が長いからだとのこと。
テロ対策で、飛行機の搭乗に時間がかかるのと同じか、と考えて止むを得ず納得。
posted by Hiro, at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

蔵 くら 倉

image11-2.jpg
百均らくがきちょう uni鉛筆HB

蔵です。蔵と倉の使い分けは詳しくありません。
最近シャープペンシルを使って描くようになってから、線が直線的で細かい絵になってきたけど、久しぶりに頼りないふらついた線の絵です。小生はこんな感じが好きなのです。

昔からの農家の土壁の立派な蔵って、いいですよね。井上靖の小説「しろばんば」では、作者が幼いころ蔵で生活していた時の事が書かれています。蔵は生活する場ではありませんが、どっしりとしているので、住んだとしたら安心感があるのではないかと思いますね。しかし明かり窓がなさすぎか。
井上靖が育った蔵は、今でも伊豆に残っているらしく、いつか尋ねてみたいと思っているところです。秋にでもバイクで訪れてみようかな。

8月30日 上記打消し線部修正します。蔵は「蔵跡」が残っているだけで、建物は残っていないようですので(テレビで見た気がしたのですが、再現フィルムだったようです)訂正させていただきます。
posted by Hiro, at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

男の横顔

hito.jpg
ミスコピー裏面 シャープペンシル

長髪で髪を束ねた男性の横顔です。目じりの皺がいい味出してました。
男の顔で誰がいいかと聞かれたら、誰だろ? 外人俳優ではロバートデニーロあたりかな。彼の映画は好きで、出演している映画はそこそこ見ていますが「ブロンクス物語」や「ヒート」等の演技が好きです。
週末に「RONIN」が放送されるようですが、その映画もかなりいい感じですよ。
posted by Hiro, at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

さとう入れ

image9.jpg
百均らくがきちょう uni鉛筆B

カフェのテーブルにあった砂糖入れ。
コーヒーに砂糖を入れて飲む人の割合はどのくらいなのでしょうか?
小生の知る人のほとんどは砂糖を入れないので、小生の周りに関してはほぼ0%ですね。しかしながら、そんな連中でも缶コーヒーは砂糖入りでも平気で飲む、という人がいるから不思議と言えば不思議。砂糖抜きのおいしい缶コーヒーがないからかな。でもたぶん、缶コーヒーはコーヒーとは別の飲み物と分類しているんでしょうか。
その気持ち、わかる気もします。
posted by Hiro, at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

くわがたむし

mushi.jpg
ミスコピー裏面 シャープペンシル

初めて描いた虫です。くわがた虫です。
最近は輸入された外国産のカブトムシ等が逃げ出して、自然繁殖していると聞きます。ブラックバスのように猛烈に繁殖して、生態系を壊さなければいいのですが。
子供のころ親の里で夏休みを過ごし、従兄弟の兄ちゃんに虫取りに連れて行ってもらいました。兄ちゃんが木に登って揺さぶると、ばらばらとカブトムシやクワガタムシが落ちてきました。どうゆうわけかクワガタムシもカブトムシも飛んで逃げないんですよね。家に持ち帰って虫かごから出しても、飛んで逃げる訳でもありません。彼らはなぜ飛んで逃げないのでしょうか?
posted by Hiro, at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

カフェ

oldcafe.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

ストックホルムの街角の写真から。カフェの入り口です。
最近、ハンバーガーショップであるマクドナルドも、店のインテリがカフェ風にしているところが増えてきて、さらにコーヒー100円でおかわりOK。早朝にバイク飛ばして郊外(田舎の事ですが・・・)の空気と景色を楽しんで、帰りにカフェで朝食を・・・と洒落込むのですが、早朝に開けてくれているのはマックぐらいで、朝早くからうろうろしている小生にとっては嬉しい状況です。よく利用するマックは、噴水のある南欧風の小庭があり、テラスがありオープンカフェ状態でとっても気に入ってます。
posted by Hiro, at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

フィアット マルティプラ

car4.jpg
ミスコピー裏面 シャープペンシル

フィアットの古いワゴンです。
リアエンジンで、今の車の感覚で見ると前と後ろが反対のように見える珍車ですが、とってもかわいいですね。1960年代の車ですが、3列シートで6人乗り、フルフラットになる優れもの。ルパンV世にも登場したことがあるらしい。実車を見てみたいです。
posted by Hiro, at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

フラ(フラダンス)

image10-3.jpg
百均らくがきちょう 鉛筆HB

暑い夏の夜には、部屋の照明を落としてフラダンスの音楽を流しています。CDを持っている訳でも、フラ音楽のファンでもないのですが、まあ夏には心地よい音楽なので。
フラとはハワイ語で踊り(ダンス)の意味らしく、「フラダンス」という言い方は間違いと言うことになります。
フラのダンサーを描いてみましたが、柔らかさが全然出てませんね^^;
posted by Hiro, at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

缶コーヒー

etc1.jpg
ミスコピー裏面 シャープペンシル

こんなのアップしていいのでしょうか?
昨日がお堅いらくがきだったので、思いっきり軽めのらくがきです。
仕事のデスク上にあった缶コーヒーと、ミニカーです。ちなみにミニカーは紙製で(ペーパークラフト)、隣の席の同僚がパソコンで型紙を設計してくれた物を作ったものです。まあ絵ではただのミニカーなのですが、本物はなかなかの出来具合ですぞ。
posted by Hiro, at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

東大寺 二月堂

nigatudou1.jpg
百均のらくがきちょう uni鉛筆HB,2B

現地でスケッチしてみました。
東大寺は大仏を除いてほとんどが無料で見る事ができます。お水取りで有名なこの二月堂へも、24時間いつでも入れます。京都の清水寺は有料で昼間だけしか入れないようですが、二月堂は清水寺に負けないぐらいの舞台があり、ここから夕日を見ようが、朝の静かな時間に訪れようが自由なんです。
二月堂への上り口に、教えの言葉を書いた大きな黒板があるのですが、この日は「人生に正解はない」でした。深い言葉ですね・・・・・
posted by Hiro, at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

修理中の船

ship2.jpg
ミスコピー裏面 シャープペンシル、トンボ鉛筆HB

修理のため、陸揚げされた漁船です。
北欧の船のようですが、木でできていてまあるい形がかわいいですね。気に入りました。船に赤と黒のラインが入っていて、支えの柱は青、と色をつけるといい感じになると思います。いつかちゃんとした紙に描いて色を塗ってみます。
posted by Hiro, at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ちいさなBAR

bulebell.jpg
ミスコピー裏 シャープペンシル

坂道の表現は難しい。
左が下り坂で、右が上り坂でしたが、同じ高さに向かっているように見える。
つづらおりの坂の角に建つ感じが良かったのですが・・・・
posted by Hiro, at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

海辺の道

sea1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル、トンボ鉛筆HB

メインとなる建物のない風景で、鉛筆だけでうまく表現できるか挑戦してみました。
自分では思ったよりよく描けたかな。海の青、緑の木々、青い空に白い雲、色をつけたくなる絵になりました。
posted by Hiro, at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

中ノ島公会堂3

koukaido3.jpg
ミスコピー用紙裏 トンボ鉛筆HB

今度は思いっきり力抜いて、鉛筆で再び挑戦。もう悪あがきですな。
相変わらずだめでした。
手ごわいな中ノ島公会堂、今日はこの辺で勘弁してやろう・・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by Hiro, at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

中ノ島公会堂2

koukaido2.jpg
ミスコピー用紙裏 セーラー万年筆F8

どうも鉛筆でうまく描けなかったので、万年筆で仕返し・・・いえリベンジです。
ううむ、なんか違う。思ったイメージで描けない。
ぱっと見た感じでは堂々とした建物で描きやすそうだけど、見た目より複雑な構造で、描くとなれば思った以上に難しいな。
posted by Hiro, at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

中ノ島公会堂

koukaido1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

大阪のほぼ中心部にある歴史的建造物です。
保存運動のおかげで、数年前化粧直しして保存されました。大阪市内はよく見て歩くと、歴史的価値のあるビルが結構あります。この中ノ島公会堂もスケッチの対象にされる方が多く、真正面は道路ですが、その両脇は広い歩道と広場になっていて、スケッチするには好都合な所です。
小生も一度現地でチャレンジしたいと思っています。まずは机上で練習してみましたが、自分の思ったイメージで描けなかった・・・・
posted by Hiro, at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

イタリアンダンディズム

itariann.jpg
ミスコピー裏面 トンボ鉛筆HB

スキンヘッドのイタリア人です。
写真家が街角で写真を撮っていると、ポーズを決めてくれたようです。
服装もポーズもスキンヘッドも・・・・イタリア人の顔付きだから決まるのか。
日本人がこれをやると、サンプラザ中野?ただの変な人?って感じだよな。


下手な絵では伝えられないけど、写真は ばしっ と決まってたよ。
posted by Hiro, at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

テーザー門

teza.jpg
ミスコピー用紙裏面 シャープペンシル(芯の濃さ不明)

これもドイツの古い建築物ですね。
車を大きく描きすぎました。アーチの向うの奥行きがうまく表現できませんでした。

最近シャープペンで描いていますが、これが結構描きやすいんです。鉛筆だとすぐに先がちびて線が太くなってきて、シャープな線を続けて描けません。大きなキャンパスならいいのですが、小さく描くときは細い線が継続して描けるほうがいい。「鉛筆で描いた」と言うほうが風情があると言うか、暖かみがある感じもするし、「絵を描いてる」って感じもある(なんだかよくわからんけどね)。
まあ、こだわらずにのんびり適当に描くのです。
posted by Hiro, at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

うし

caw.jpg
ミスコピー用紙裏 トンボ鉛筆HB

突然ですが「うし」です。
この牛、マイクタイソンに似てました。にらみを効かせて堂々と横たわる姿は、そこがインドだから。インドの牛は自分が神の使いとして見られていることを承知しているのかなぁ。まあ、危害を加えられる心配はないということで、ふてぶてしく堂々とマイクタイソン風牛が発生するのか。
奈良公園にもマイクタイソン鹿がいるか調査してみるか。
posted by Hiro, at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

ship.jpg
ミスコピー裏面 トンボ鉛筆HB

船をメインに描くのは初めてのような気がする。
なんか傾いて沈みそうな船になった。
船に乗ると妙に旅気分が盛り上がりのは何故だろ。自分だけか。
橋がある島にも、船で渡ると旅費が安く済むだけでなく、すごく遠い島に来たような感じで、旅気分を盛り上げてくれるな。
その分時間はかかるけど、まっ、旅はのんびり行きましょう。

ん? 漁船を描いておいて船旅の話をするってのもいいかげんなもんですが・・・・
posted by Hiro, at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

雪をかぶった山門

image11-1.jpg
らくがきちょう uni鉛筆B ほぼ原寸大(15インチ画面)

毎日暑いですね。
今日も暑くなりそうです。
ネットで涼しげな写真を見て、涼んでます。
暑さで脱力・・・・力の抜けた線で描けました。
子供が描いた絵みたいですが、こんな感じも好きなんです。
posted by Hiro, at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ブルク門

buruku.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル(芯の濃さ不明) 15cmx13cm

久しぶりに描きたい写真が見つかりました。
屋根のオレンジ色の瓦(?)が古くなり、色の変化が面白かったのですが、モノクロではお伝えできませんね。塔のレンガの感じも好きです。
門を描くのが好きなのかもしれません。知らず知らずに門を題材にしてるときが多いかも。なんていうか、その向うに見える景色にすごく興味を覚えるというか、わくわくするというか・・・・言葉ではうまく表現できないな。
posted by Hiro, at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

パーカーを着た人

oyaji.jpg
コピー用紙裏面 Tombow鉛筆HB

ヨットマンに見えませんが、雑誌に載っていたヨットマンを描いてみました。
映画の監督・・・でなく音声ディレクターって感じに見える(よくわからんけどな)。
ひげがいい感じでした。
posted by Hiro, at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

image16.jpg
らくがきちょう uni鉛筆B 17cmx16cm

お寺の門です。
ちょっと高台にある寺で、しょっちゅう夕日を見に行ったり散歩しに行くところで、お気に入りスポットです。
朝夕は観光客も少なく、裏山は原生林、静かで荘厳な雰囲気がとってもいい感じです。
この日はらくがきちょうと鉛筆を持っていったので、現地で描いてみました。
posted by Hiro, at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

レンガの教会

image7.jpg
らくがきちょう uni鉛筆H,HB 15cmx12cm

何を見て描いたのか忘れてしまいました。
ヨーロッパのどこかの教会ですね。
レンガの感じがよかったので、細かく描くつもりでしたが、サイズが小さすぎて私には無理でした。
posted by Hiro, at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

入り口

image10-1.jpg
百均のらくがきちょう uni鉛筆B 5cm×7cm

扉の入り口って、描くの好きなんです。
なんでかわかんないけど・・・・
しかし、こんなちっぽけな落書きまでアップしてしまう自分(汗。
posted by Hiro, at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする