2005年10月31日

ミコノス島

mikonosu.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

旅行のパンフレットを見て描きました。
最初船だけを描くつもりでした。
船だけでは物足らないので、岸壁と手前の家並みだけを描いてみました。
手前の家と奥の家の境目がわかりにくく、気が付けば一番上の家まで描いていました。笑
posted by Hiro, at 21:00| Comment(2) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

魚吹八幡神社

usuki.jpg
ミスコピー用紙裏 鉛筆HB

兵庫県の姫路市にある実家の近くの「魚吹八幡神社(うすきはちまんじんじゃ)」です。地元では通称「つのみや」と呼ばれていて、聖徳太子の時代に祭られたと言われている大変古くからある神社です。
秋の大祭には美しく装飾されたたくさんの「おみこし(御輿)」が練られる大きなお祭りが行われます。今年は仕事の都合で行くことができませんでしたが、子供の頃、地元の学校は休みになりましたね。
これはその前の週に帰省したときに、絵に描こうと思って写真に撮ってきたのを見て描きました。
posted by Hiro, at 13:32| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

奈良町

kousi.jpg
ミスコピー用紙裏 万年筆

奈良町界隈にはこうした格子の家が多く見まれます。
有名な大仏や五重塔より南に広がる下町で、散策マップなども作られ観光客を誘致していますが、混雑すると言った事は無く、迷路のように入り組んだ路地散策を楽しめます。このような古屋を利用した喫茶店やみやげ物や、ちょっとした博物館やギャラリーもあります。また無料見学できるものが多いのも奈良の特徴かもしれません。
ん?何気に文章作ってしまいましたが、旅行案内書のような文章になってしまいましたね(笑)。
posted by Hiro, at 11:28| Comment(2) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

メテオラ修道院

huukei4.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

ギリシャにあるメテオラ修道院です。
↑こんな書き方をすると、まるで行ったことがあるような感じですが、行ったことはありません(笑。
なるべく自分が行った事のある所で見た風景を描きたいのですが、毎日描くとなると題材に困る時もあります。パンフレットの写真にあるような絵葉書的な写真は、プロの写真で見事な風景と構図なので案外とっつきやすいのですが、自分が撮ってきた写真を描こうとすると、下手な写真なので何処をどう描いていいのか思案してしまいます。まあ、技術があればどんな風景写真でも絵になるように描けると思うのですが、その技術も備わっていませんので。
でも最初のころより、少しは自分の見た風景が増えたと思います。
posted by Hiro, at 13:33| Comment(0) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

茅葺民家

kaya.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

9月にバイクツーリングした時に撮ってきた写真から描きました。
岡山と鳥取の県境にある山村で、親の生まれ故郷の村の風景です。国道から見える立派な茅葺民家があり、ここを通るたびにいつみても立派だと思っていたので親に聞くと、昔から村長をするような名士の家だとか。立派でよく手入れされた茅葺屋根ですが、小生が描くとちょっと歪んでしまいました。背景の山もどのように描こうかと迷いながら描いたもので、いまひとつしっくりとこない作品になってしまいました。
posted by Hiro, at 17:50| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ベレンの塔

kojyou.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

世界遺産に登録されている、ポルトガルの「ベレンの塔」です。
旅行のパンフレットから描きました。
posted by Hiro, at 17:04| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

「そっち系」とは・・・

このブログにたまに「そっち系」という言葉が出てきます。
絵のタイプを表現している言葉で、隣のF氏の造語です。
意味は、軟派な絵、女性受けを狙った絵の事で、メルヘンチックな香りが漂う絵と言うことです。
このブログでは、風景カテゴリの9月25日、26日の絵がその代表的な作品です。
posted by Hiro, at 14:06| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬温泉

kinnnoyu.jpg
ミスコピー用紙裏 万年筆

有馬温泉にある「金の湯」という温泉浴場です。
先日有馬温泉に行ってきました。急な坂道に狭い路地と、古くからの温泉の佇まいが残っていて、昭和30年代前後と思われる高層旅館群の風雨に汚れた壁が、なんともいえない侘しさといいますか。それでもそれぞれ内部は改装されていて綺麗であり、みやげ物街にも洒落た小物屋さんやギャラリーもありました。
ギャラリーを覗いてみると、画家のお名前を忘れてしまいましたが、その温泉街を描いた水彩画が十数点展示販売してあり、1点10万前後の値がつけられていました。
posted by Hiro, at 10:56| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

地中海の街

rojikage.jpg
ミスコピー用紙裏 鉛筆HB

旅行のパンフレットの小さな写真を見て描きました。
この手の絵には評価が厳しい隣の席で仕事しているF氏ですが、なぜかこの絵に限っては
「おっ、なかなかええ感じやん」と好評価でした。
いつも小生が気に入った作品にはあまりいい評価してくれませんが、気に入らない作品には良い評価をしてくれます。感性が両極端に違うのでしょう。
この絵に限っては、小生もまあまあお気に入りなのです。なぜ隣のF氏が気に入ったのか謎です(聞けば解るのですが・・・w)。
posted by Hiro, at 08:08| Comment(4) | 街角(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

スペイン階段

roma1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

映画「ローマの休日」の舞台にもなった場所ですね。
先日テレビ番組を見ていると、その映画でO・ヘプバーン扮するアン王女が着たドレスが鑑定に出されていました。所有者は日本人であったのに少し驚きでしたが、オークションを転々とし今の所有者になったのだと思います。
ローマの休日はヘプパーンにとってはとても思い出深い作品だと思いますが、生前その思い出のある衣装を手元に置きたいと思った事はなかったのでしょうか。俳優は一つの仕事を終えると次の仕事に切り替える必要のある仕事なので、過去の作品や思い出に浸ることはないと言った言葉を聞いた事があります。彼女もそんな思いで、過去に浸る記念品的なものにあまり興味がなかったのかもしれませんね。
日記(10月20日「海」)に掲載した写真に写っている靴ですが、もう10年以上愛用している思い入れのある靴なのです。阪神淡路大震災で瓦礫と化した街から避難してきた時も、この靴を履いていました。最近これに変わる新しい靴を買ったのですが、どうしてもこの靴は捨てられずに今でもたまに履いています。
posted by Hiro, at 09:31| Comment(0) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

小さな神社

jinn.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

9月に行った大山の帰り道に撮った写真から描きました。
祖父の実家の裏山にある神社で、神社の名前は祖父の名字と同じです。このあたりは同じ名字ばかりなので、その集落の神社といえます。
子供の頃、夏休みをこの祖父の家で過ごしましたが、ここの神社の縁の下にたくさんの蟻地獄がいました。ある日それを捕まえて帰ったその夜に、物凄い豪雨となり、祖父に
「お前が神社の蟻地獄を捕まえたからだ!」と言って、大目玉をくらった思い出があります。
やはり神社に住む生き物は神の使いなのかと、翌日逃がしに行きました。
今は草が生い茂り、訪れる人もほとんどないようですが、あの時のままの情景がそこにありました。
posted by Hiro, at 13:29| Comment(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

熊野灘まで行ってきました。
浜を裸足で歩いていると、玉石に混じって割れて角が取れ丸くなった貝がちらほら。どのくらい長い時間波間に洗われたらこんなに角が取れ、まあるくなるんだろうと考えながら、子供の土産にと拾い集めました。
人間もどのくらい長く生きたら角が取れ、まあるくなれるのかと考えさせられました。
s-P1050484.jpg

posted by Hiro, at 22:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静かな湖面

hune1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

ボートの絵が結構多い気がしますが、なぜか静かな水面に浮かぶボートを見ると描きたくなります。なぜだろ、わかりません。
posted by Hiro, at 22:09| Comment(2) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

水の都

oosaka1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

大阪中ノ島の風景。通勤の時に目にする見慣れた風景です。
都会の風景もそれなりに美しいもので、帰り道に目にするこのビル群も、オレンジ色の夕日に染まり、とても美しく見える日もあります。秋の気配とともにめっきり日没が早くなり、今では帰りは暗く夕日に輝くビルは望めませんが、ビルの窓の光やネオンが堂島川にきらめき、また違った美しさを見せてくれます。
posted by Hiro, at 15:52| Comment(0) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

群れ

nu2.jpg
コピー用紙(KOKUYO KB) シャープペンシル

動物の群れです。一応ヌーの群れを描こうとしたのですが、ヌーは頭でっかちでけっこうバランスが悪く、いまひとつうまく特徴を描けなかったので少し頭を小さく描いたら、牛か水牛の群れになってしまいました。ともかく、何かが群れている状態を描くのが指令でした。
指令・・・それは隣のF氏からの指令でした。サンマの群れを「最後まで描きなさい!」と命令したばかりに、「それならヌーの群れを描いていただきます」と見事にお仕置きされてしまいました(意味不明)。
製作時間は10時間近くを要しました・・・・・
posted by Hiro, at 13:31| Comment(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

川のある風景

huukei22.jpg

これもヨーロッパの旅行パンフレットにあった、小さな写真から描きました。
何処だったかは忘れてしまいました。メルヘン画で試した塗りつぶしの描き方が効果的に使えたような気がします。
posted by Hiro, at 13:02| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

平城京跡

kanpo.jpg
百均らくがきちょう帳 鉛筆H

よく夕暮れ時に行く場所で、平城京跡のだだっ広い広場です。
草原に車を止めて、キャンプ用のテーブルを設置して子供らに紙と鉛筆を与えて、その横で本をめくったりしながら夕暮れの情景を楽しんでます。木と草原で描く対象物が少ないのですが、遠くに見える風景を少し描いてみました。
犬を連れたご婦人が、
「外でお絵かきしていいですね、まあおおじょうず!」と子供らが描いた訳のわからない絵だけ見て褒めてくださいました。
あのぉー お父さんも描いたのですがぁ。
posted by Hiro, at 22:22| Comment(4) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

ROUTE66

root66-1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

アメリカを縦断する伝説の道「ROUTE66」という道があります。
今はハイウェイが整備されて、旧道として使われていたり部分的に廃道になっていたりしているようです。ここを全線走る企画が、モーター雑誌などで紹介されたりする事があり、アメリカンフェチ(?)やバイク乗りにとっては憧れの道と言えます。小生もいつかはバイクで走りたい道です。
posted by Hiro, at 10:14| Comment(4) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

イタリアの紳士

hito2.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

旅行のパンフレットから、イタリアの街角に立つイタリア男性です。何処となく内田裕也みたいな感じになってしまいました。
イタリアの男性は長髪にしている人が多いような気がします。一度後ろに束ねてくくれるぐらい伸ばしてみたいとは思いますが、手入れも面倒だし、それより自分でも気持ち悪いと思うので、周りの人の反応を考えると絶対無理ですね(笑)。
posted by Hiro, at 14:32| Comment(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

カプリ島

mudai2.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル 鉛筆HB

旅行のパンフレットから、イタリアのナポリ沖にあるカプリ島です。
しばらくぶりのアップになります。色々と忙しい休暇で少し疲れましたが、今日は会社で体を休めています(笑)。
posted by Hiro, at 15:53| Comment(2) | 街角(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

アルプス地方

huukei2.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

旅行のパンフレットから、どこだか忘れてしまいましたが、アルプス地方だったと思います。

このブログも4ヶ月目に入りましたが、何をやっても三日坊主の小生がこんなに続けられるとは思いませんでした。PCが使える状況にある日は、必ず更新してきたので、出かけたときに数日更新できなかっただけです。
と言うわけで、今夜から数日出かけますので、しばらく更新、コメントへのお返事ができませんが、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いします。
今後、いつまで続けられるかわかりませんが・・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by Hiro, at 15:19| Comment(0) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

漁村

umibe1.jpggyosonn.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル&鉛筆 万年筆

漁村の路地風景で、また二種類描いてみました。
漁村は何処をどう見ても、それぞれのシーンが絵になるのはどうしてでしょう。農村もそうですが、モノクロで見ると漁村のほうが絵になるシーンが多いような気がします。農村はやはり植物の色も大きな要素なのでモノクロでは厳しい面がありますが、漁村は色々アイテムも多くモノクロで描きやすいシーンが多いですね。
posted by Hiro, at 11:47| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ベニスのゴンドラ

gonndara2.jpggonndara1.jpg
ミスコピー用紙裏 鉛筆HB 万年筆

ベニスのゴンドラです。鉛筆と万年筆で描いてみましたが、鉛筆に軍配です(まあどちらも低レベルな訳ですが)。
ベニスには行った事がないのですが、あれだけ人が住む街の間にある運河なので、かなり汚れがひどい様な気がするのですが、どうなんでしょう。タイの水上マーケットに行った時の運河は、透明度はゼロで悪臭もあり、かなり(物凄くふらふら)水質が悪かったです。人が多く住む所は、どうしても水質が悪くなると思うのですが、ベニスのゴンドラを見ていると、綺麗な水を想像してしまいますね。
posted by Hiro, at 15:50| Comment(2) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

坂道の車

car10.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープぺンシル

ヨーロッパのどこかの街角です。旅行のパンフレットを見て描きましたが、何処かは忘れてしまいました。思ったより手間のかかった絵で(落書きなので知れてますが 笑)、背景は集中力を欠いて息切れしてしまいました。
車は綺麗なワインレッドで、流暢なラインが美しい車でした。描いていると隣のF氏が「ほほう、ずいぶん古い型のボルボだね」と車種名を教えてくれました。
posted by Hiro, at 13:33| Comment(0) | 街角(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ケータハムスーパーセブン

car11.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープぺンシル

クラシカルなスタイルのフルオープンスポーツカーです。
先日、会社を中途退職して喫茶店を始めた知人の店を覗いたら、店の真ん中にこの車がデンッと置いてありました。それがなければテーブルがあと二つは設置できたはずですが、貴重なディスプレイとして営業に役立つと見たのでしょうか。車好きな人ですから、やはりそんなインテリアの店が夢だったのでしょう。
車はピカピカに磨かれ輝いていましたが、それ以上に彼の瞳も輝いていました。
posted by Hiro, at 13:22| Comment(2) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

インドの老人

jijii.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

なぜか唐突にインドの老人です。
インドの老人はたいていくたびれた感じがするのですが、なぜか彼らの目は輝いていますね。小生も目の輝きは、何歳になっても失いたくないものです。
ところで今の私は輝いているのかなぁ?
@@;
posted by Hiro, at 13:23| Comment(5) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

モンサンミシェル3

mon3.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

しつこくモンサンミシェルの3枚目です。
隣のF氏が「いいかげんにしないさい」とお怒りです。

今彼は、「さんまの大群」を一生懸命描いております。A4のコピー用紙に3cmほどのさんまをたくさん描き続けてますが・・・・「もうええか?」と言ってます。全部埋めなさい!と一括しておきました。(内輪話で失礼)
posted by Hiro, at 12:45| Comment(4) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

モンサンミシェル2

mon2.jpg
ミスコピー用紙裏 万年筆

気をよくして今度は万年筆で書いてみました。
こちらのほうが落書き度(?)が高いような気がします。
posted by Hiro, at 22:30| Comment(7) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

モンサンミシェル

mon1.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

有名なモンサンミショエルで、旅行のパンフレットからです。
描きたい対象でしたが、たくさんの建物の集合体で、どこをどう描けばいいのか迷ってしまい、チャレンジしていませんでした。一度途中まででも適当に感じを描いてみようと、何気なく左端から描き始めました。どうゆうわけかどんどん筆が進み、短時間のうちに家の位置や数などでたらめですがなんとか全部描けました。幼稚な落書きですが、とりあえず目標クリアです。
posted by Hiro, at 10:59| Comment(2) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする