2006年04月28日

黄金週間

pasokon.jpg

いつも「めもああるらくがきちょう」へお越しいただきありがとうございます。
 今週末から仕事が長期休となる方もおられると思います。職種によっては休みでなく、逆にお忙しい方もいらっしゃる事と思います。学生の方は3日からが連休ですね。
 私は明日から9連休となり今日の夜から旅立ちますので、暫くこのブログはお休みさせていただきます。旅といっても行き帰りの船中2泊と、友人の家に3日ほどお世話になる貧乏旅で、後半は予定がありません。目的は3つありますが、スケッチは目的外でして・・・^^; 絵のブログを書かせてもらっているのに不届きな次第です。あくまで落書きですから、仕事の休憩時などにちょこっと描くのが筋で、本気でスケッチ旅となると落書きではなくなります、と言い訳しておきましょう。
 というわけで今日の絵は仕事用のパソコンです。暫く見なくていいので描いてみました。

では皆様もよい連休をお過ごしください。 Hiro,
posted by Hiro, at 15:51| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

モダン建築

highway.jpg

戦前の神戸にあった洋食屋のようです。
スリットがところどころにあって、非常に洗練された感じを受けました。大正・昭和初期の建築だと思いますが、そのころのモダン建築とは一味違った感じがあって、無国籍ならぬ無時代感覚なデザインですね。
posted by Hiro, at 11:01| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

移情閣その4

ijyoukaku004.jpg

懲りずに移情閣です^^;
少し引いた視線からイラスト的に描いてみました。
隣のF氏曰く、これもそっち系に分類されるそうです。
移情閣これにて作戦終了、転進せよ。(降参です)
posted by Hiro, at 13:20| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

移情閣その3

ijyoukaku003.jpg

陰影を強調した前作から打って変わって、輪郭だけでイラスト的に描いてみました。
posted by Hiro, at 14:07| Comment(4) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

移情閣その2

ijyoukaku002.jpg

前回と同じ絵ですが、陰影を強調して描いてみました。
この描き方、結構気に入ってます。
posted by Hiro, at 11:05| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

移情閣

ijyou.jpg

明石海峡大橋の明石側橋脚の麓にある歴史的建造物です。
移築時に修復されたようで、外観の古さは感じませんが、建築様式は当時を偲ばせます。
以前現地で小さなキャンバスにスケッチしたことがありますが、全く描けないまま途中中断した経験があります。
また機会があれば現地で挑戦してみたいと思います。
posted by Hiro, at 16:21| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

富山湾

toyama.jpg

打ち寄せる波を描いてみましたが、全くうまく表現出来ませんでした.
posted by Hiro, at 17:04| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

三輪山の朝日

miwasann2.jpg

またまた三輪山です。
最近こんな風な描き方がマイブーム(死語)かも。
posted by Hiro, at 16:30| Comment(2) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

大和高原 山添村

yamazoe001.jpg

大和高原、山添村あたりの集落です。
この景色も小さな峠を越えて下る時に少し見下ろす位置に広がる風景で、絵に描いたような山村集落です。といいつつ絵に描いてますが、実際はもちろんもっと風情があり綺麗です。
posted by Hiro, at 13:57| Comment(0) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

kura009.jpg

4月8日にアップした「室生らへん」の中央あたりに見える蔵だけを描いてみました。
古い造りの蔵ではありませんが、無駄を感じさせないどっしりした造りが好きです。この道を通るたびに視線の正面に飛び込んできて、いつも気になる存在だったので描いてみました。
posted by Hiro, at 17:15| Comment(7) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ハンバーガー

mos.jpg

おなかが空いたので、描いてみました。
ハンバーガーの中ではモスが一番好きです。
posted by Hiro, at 21:47| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

三輪山

miwasann.jpg

三輪山です。素麺の産地として有名ですね。
posted by Hiro, at 17:09| Comment(4) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

カモメ

kamome.jpg

カモメって、近くで見ると結構大きいですよね。
胴体もけっこう太く一見重そうですが、その分大きく広げた羽も大きかったりします。鳥の糞が水っぽいのは、尿と一緒に出すからだそうです。不要なものをこまめに体外放出することで、体の重さを少しでも軽くしているそうです。重いと言うことは飛べなくなる事を意味するので、鳥にとって太る事は致命的なリスクなんですね。
美味しいもの食べて太った体見て、「痩せなきゃ」と後から思える人間は幸せなんだ。
posted by Hiro, at 17:20| Comment(4) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

室生遠望

enbou.jpg

6日にアップした「室生あたり」の左に見える寺を中心に、濃淡だけで描いてみましたが、思ったように描けずこんな結果になってしまいました。
posted by Hiro, at 15:09| Comment(0) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

教会

mudai001.jpg

和風正統派(?)なのが続きましたが、久しぶりにそっち系です。
ん?題名が入っていなかった・・・
posted by Hiro, at 08:20| Comment(0) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

室生らへん

murou002.jpg

前回に引き続き室生あたりの風景です。
前回”室生あたり”と書いたら、隣のF氏が
「あたりとはなんや、関西人なら関西弁で書け」とご指導があり、室生らへん と書いてます。
関西では ○○あたり と言うときに、話し言葉では ○○らへん と言いますが、文章にして書くと妙な感じがしますね。
posted by Hiro, at 09:08| Comment(2) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

室生あたり

murou001.jpg

 奈良盆地の東に広がる高原地帯は「大和高原」と呼ばれていますが、平らな高原ではなく低い山々、浅い谷が広がる地帯です。
 その地域には、この絵のような小さな集落が点在し、それらの間を県道が縦横に走り、緩やかな上り下り結んでいます。峠と呼ぶには緩やか過ぎる登りを何度超えても、また同じような集落や田畑が現れますが、そんなのどかな風景を見ながらゆっくりと走るのが大好きです。だた、バイクの鼓動と次々と流れ行く風景を楽しむばかりで、立ち止まりゆっくり絵を描く余裕はまだ持ち合わせていませんが、写真を撮るぐらいのゆとりは持てるようになって来ました。この絵の場所も、もう何年も前から気に入った風景でしたが、先日初めて写真に撮りました。と言っても、バイクを路肩に停止して、エンジンも止めずに乗ったままの撮影でしたが(笑)。
 バイクを降りて、絵を描くゆとりが持てるまでには、まだまだ歳を重ねる必要がありそうですね。
posted by Hiro, at 22:54| Comment(2) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

公民館

tizu002.jpg
9月に行っ大山ツーリングの時に撮った写真から。
薄水色のモダンな建物で、公民館として使われていましたが、歴史ある日本家屋集落の中にあり目立った存在でした。
posted by Hiro, at 18:40| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

灯台

toudai.jpg
真っ白な灯台。
えんぴつで描く場合は、周囲を黒くして白く浮かせる事になるのですね。

灯台は英語でライトハウス(Lighthouse)ですが、直訳なら”明かりの家”ってとこか。家とつくからには、英語圏の灯台は家のような大きなものばかりなのかと思ったが、houseを辞書で調べてみるとその意味するところの幅が広い。物置も含めてhouseと言うらしい。ちなみに和英で灯台を調べたら「a lighthouse」で light house ではなく途切れずに表示してある。lighthouseで一つの言葉になっているのだろう。
英語より表現が豊かで、言葉も美しい日本語が好きですが、「ライトハウス(lihgthouse)」は、響きも意味も美しいので好きな単語の一つです。
posted by Hiro, at 22:12| Comment(2) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

椿

tubaki.jpg
桜の季節ですが、椿です(笑)。
今日も風が強く、冬の寒さとは違いますが春の暖かさでもありませんでした。奈良でも桜はまだちらほらです。でもつぼみがはちきれんばかりに膨らんでいて、次に暖かい日が来れば一気に満開になりそうです。
posted by Hiro, at 20:44| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

ポスト

pust.jpg
山添村で写真を撮っていると、
「こんなもんが目面しい時代になったんやね」と通りがかりの老婆。
生まれ育った家のすぐ横に、この赤いポストがあって、幼い頃よく登って遊んだりした記憶があります。正月に帰省した時、生家のあったあたりは、家も赤いポストも飲み込んで、巨大な商業施設に様変わりしていました。今の日本は、”都会でも田舎でもない地方都市”の変化が一番大きいような気がしますね。
幼き日の思い出の場所が無くなるのは、寂しいです。
posted by Hiro, at 20:34| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする