2007年10月24日

夜明け

601257830_41.jpg
ありきたりの写真ですが、自分では気に入ってしまいました。
海辺に建つ大きな廃墟。ですが、空とススキに目が行ってしまいますね。
夕暮れでなく、夜明け前ってところがミソです。なにがどうミソなのかはわかりませんが・・・

と言いつつ、前回アップの落書きがトップに上がってしまうのを阻止する為のアップが主たる目的であったりもします。
posted by Hiro, at 19:11| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

ひさしぶりに

F1000588.JPG
良くわからないけど、内容はともかくひさしぶりに描いてみた。
スキャナが面倒なので携帯カメラで写してアップと言うのも、どうなんだか。
しかし鉛筆が紙の上を走る音を聞くのはいいものだ。
なんだか絵を描くのが好きというより、鉛筆で書くという行為が好きなような気がしてきたぞ・・・
posted by Hiro, at 00:03| Comment(2) | 街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

姫路城

F1000546.JPG
攻めてくる敵に対して戦うための防護陣地ですが、それが美しく見えるのはなんでだろう。
戦国時代とはいえ、建物に美を追求していたのかもしれませんね。
スケッチしている人はあまり見かけませんでしたが、確かに描かれた絵もあまり見かけません。あまり絵にならないような気もします。
写真もそのままでは余りにもありふれているので、少し視点を変えてみた。
posted by Hiro, at 23:43| Comment(2) | めもあある写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ススキ

F1000008.JPG
少しは秋らしくなったかと思うけど、これでもいつもの年よりも随分暖かい。
ススキはシーズンが長いので、季節を感じさせる植物でありながら、初冬までずっと同じに見えます。
一方彼岸花が美しい色で見られるのは、わずか数日のような気がする。
地味なものは長く、派手なものは一瞬。人間の世界と似ているような気もしますね。
posted by Hiro, at 21:44| Comment(2) | めもあある写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

お気に入りのカフェで

F1000530.JPG
ついモノクロで捕らえてしまいます。
カラーだと何の変哲もないシーンだったけど、モノクロにすると引き締まって想像力を呼ぶ気がするのは自分だけか。
絵もモノクロ好きなのはその為かと思ってみたり・・・
posted by Hiro, at 23:29| Comment(4) | めもあある写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする