2007年12月30日

欧州の駅

uk1.jpg

欧州の大きな駅は、全てのホームが一つの大きな屋根で覆われている場合が多い。映画とかで見慣れているので、そんな駅に着くと欧州を旅している気分になる。
関西でもJR以外の私鉄が、都心部で始発・終着駅となるため全体を被う屋根があるが、高さが低く少し風情が違う。
それでも空間が広く感じるので、そんな駅の建物が好きだ。
posted by Hiro, at 08:55| Comment(2) | 風景(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

師走

ti.jpg

年末はなぜか気忙しく、忘年会が続いたり、工作などに手を出して絵をほとんど描いていない。
工作は年末と関係ないか・・・

倉に眠っていた落書き、久しぶりにモノクロです。
こんなもの倉に入れていたとは言わないか。
posted by Hiro, at 23:58| Comment(2) | 街角(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ひとりたび

hkc.jpg

私は一人旅を良くする。
かなり年下の後輩君も先日一人旅をしてきたようで、「一人旅は良い!」と忘年会で意気投合。
一人旅の何が良いのかと問えば、彼曰く
「一人で旅に出ると、家族のありがたさや人に支えてもらっている事が身にしみて知ることが出来る」と高尚なお言葉を頂いた。
私、絶句でした^^;
私が一人旅で感じている事は・・・ただ一人のんびり気楽に・・・とは恥ずかしくていえませんでした。

今度一人旅するときは少し考えてみよう。とは言うものの無理にそんな思想をしてもだめか、自然に感じないといけませんね。やはり無理かも・・・
posted by Hiro, at 00:19| Comment(7) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

平城京 朱雀門

F1000620a.JPG
毎週のように遊び場にしている所。
奈良時代の建物を再建したもので、門の周囲はフェンスがあるが午後5時までは無料で開放してあり、開けられた門から平城京跡を一望できる。
しかし、ここの係りの人は5時を待たずに扉を閉ざしてしまうのです。
おそらく、市の委託職員だと思いますが、早ければ4時過ぎに閉門している。5時までだと思った観光客は、4時過ぎに到着しても周囲から見るだけで残念そうに帰って行きます。駐車場も5時までですが、こちらも4時過ぎに入り口に職員が立って、まだまだ5時まで時間があるのに「もう直ぐ閉めますから早く見て下さい」と観光客をせかしている。
地元民としては、お恥ずかしい話です。

観光客が減っていると嘆いている行政ですが、こんな事していては観光客は増えませんよ。
posted by Hiro, at 22:24| Comment(4) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

みち

frc.jpg
少し暗い感じの仕上がりになってしまった。
セピア色の絵の具を買ったので、つい使いたくなった結果かも。
道だけを塗り残して印象的にしたかったけど、塗り残すには少し道幅が広すぎる気がする。

富良野の広大な農地の中を走る、両脇に草の生えたカードレールの無い道は、見ているだけでもなぜか飽きません。
posted by Hiro, at 22:25| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

二月堂から

F100061912.jpg

私のとっては見慣れた風景。
大仏殿の大きな屋根です。
瓦の色は何色に塗ったらいいのかわからず、見た目は光ったグレイのような感じ。
でも青系を塗っておられる方が多いので、真似して青を塗って見た。
空に見える放射状の線は、紙のシワです。なにせ紙は80枚100円の子供用らくがき帳ですから^^;
posted by Hiro, at 22:10| Comment(2) | なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする