2008年10月30日

西穂山荘

nishiho008.jpg
西穂山荘の談話室の売店。
B君はここに入り込んで、店員になりすまし写真に納まった。

未だに山の落書きでお茶を濁しています。
2月まで必死で取り組まねばいけない事ができてしまいました。
らくがきもご無沙汰になりそうです。
もちろん仕事ではないのですが・・・
posted by Hiro, at 00:07| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

西穂山荘

nishiho001.jpg
写真を見てスケッチした後、何処からの写真か確認したところ、そこには地面は無かった。
西穂山荘をこの角度で見ようと思えば、空中に浮かばないと無理なのだ。
posted by Hiro, at 21:37| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

西穂山荘にて 西穂

nishiho003.jpg
いろいろ忙しく、アップがご無沙汰に。
忙しいと言っても、仕事ではありません^^;

未だに山小屋で描いた落書きでだらだらしてます(笑)
posted by Hiro, at 21:55| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

西穂山荘にて B君の意外な行動

nishiho006.jpg
山小屋での2日目、談話室にすっかり根を生やしていると、小屋の人がちりとりとほうきで掃除を始めた。
すると突然B君が
「僕にやらせてください」と申し出て、あっけに取られる掃除のお兄さんからほうきとちりとりを奪い取り、掃除を始めた。
「なんでやねん」と言うと、
「山小屋の掃除に憧れてたんです、元々掃除好きなもんで」と。
そしてフロアを綺麗にした後、「小屋の売店のカウンターに自分が立っている姿を写真に撮りたい」と言い出し、小屋の人に断って、カウンターに入るので、彼のカメラで写真を撮ってあげた。

つのぶえに続き、B君のプチ奇行。
山は不思議な事が起こるところだ。


(書いてしまいました。B君ごめんなさい。)
posted by Hiro, at 23:19| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

西穂山荘にて 白馬岳

nishiho007.jpg
前回記事の翌日、朝食後の時間に前日夜と同じように談話室で本を読んだり絵を描いたりして過ごしていたら、昨夜笛を吹いてくれたバイト嬢が
「今日はウクレレを弾かないのですか?」と。
他のお客さんの邪魔になるからと言うと、誰もいない食堂で一緒に合奏しようと誘ってくれた。
ウクレレを持って食堂へ行くと、笛のケースを作ってくれたというバイトのお姉さんもやってきた。
が、そのバイト嬢も同じようなサランラップ芯の笛を持っているではないか・・・。
私は「ブルータスおまえもかぁぁ!」と言った心境で、少し複雑な気持ちになった。
しかし、音程の出ないサランラップ芯のつのぶえを演奏する二人のまなざしは真剣そのもので、その姿におかしさと同時に感動さえ覚えました。

B君は「Hiroさんはスナフキンのようですね」と、これまたつかみどころのない微妙なコメントに、複雑な心境になってしまいました。
posted by Hiro, at 09:21| Comment(2) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

西穂山荘にて 尾瀬

nishiho009.jpg
夜もふけて、小屋の談話室に人がいなくなったのを見計らって、ウクレレを弾きはじめると、小屋のバイト嬢が聞きに来てくれた。
そして「笛を作ったから合奏しよう」と自作の笛を持ってきた。
それがサランラップの芯に適当に穴を開けたもの。
それでも唇を震わせて「ぶー、ぶー」と音を出している。
その発想と物怖じしない姿勢に、若さ以上のものを感じて頼もしかった。
「ケースもあるんですよ!」と取り出したのが、サランラップが入っていた箱。テープを貼って”つのぶえケース”と書いてあった。
「箱はお姉さんが作ってくれました」と厨房で仕事中のバイト嬢を紹介してくれた。
そのお姉さんは、「仕方の無いかわいい妹でしょ」といった感じで、箱を作ってあげたのか、とその時は思った。

音程も何も関係なく、一緒に演奏して盛り上がった。
音楽は偉大だと、B君が感心していた・・・
posted by Hiro, at 22:16| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする