2010年10月26日

山行日記2日目

20100919125117.jpg

夜明け前から雨音が聞こえていた。
日の出は拝めないと思い、朝食の時間まで床についていた。
朝食前に出る人、朝食後にすぐ出発できるよう準備を終えている人がほとんどだが、私は雨ペースでのんびりだ。
天気予報では雨はあがるとの予想なので、雨がやんでからでから出発することにしてのんびりコーヒーなど飲んですごしていると、予報どおり8時ごろには雨は上がって日も差してきた。
今日は南岳まで行く予定だが、これもいいかげんな私の予定なので、行き当たりばったりだ。
まあこの時間に出れるなら十分に歩ける距離だ。
昨日来た道を引き返すようにまず槍ヶ岳を目指して歩き始めた。
空はうそのように晴れて、雨上がりで気持ちがいい。
早く出た人は予定もあるのだろうが濡れて大変だったと思う。
乾いた服装と軽い荷物で足取りも軽く、東尾根を快調に歩いて2時間30分ほどで槍岳小屋についた。
コースタイムは4時間と書かれていたので、少し時間を稼ごうと早めに歩いたがこれほど早くつくとは思わなかった。
のんびりお茶休憩してから南岳を目指そうとコーヒーを飲んでいると、霧雨が降ってきた。
軒下でのんびりしていたが、やむ気配がなくそのうち小雨になった。
こうなると歩くのがいやなので、今日はここに泊まることにして、昼前だが早々と小屋に入った。
適当に昼食を済ませて、談話室で本を読んだりして半日ごろごろとして過ごす。
濃い霧ですぐそばに見えるはずの槍ヶ岳もまったく見えない。
昨年含め何度か登っているのであまり気にならないが、初めて来た人たちは霧がはれるのを待ち望んでおられる。が、今日は無理だろう。
終日談話室と自炊室を行ったりきたりしてたらふくコーヒーを飲んだ一日だった。
posted by Hiro, at 22:59| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。