2008年02月18日

レンガの家

uk26.jpg
レンガの建物を描く時、レンガをどれくらい描くのか考える。
なるべく少しだけ描いてレンガであることを誘いたいと思い、余り描かないようにしている。
この絵は多めに描いてみた。
だからといって見た目がどう違いかと言うと、それほど変わらないきもする。
posted by Hiro, at 22:42| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

BIG BEN

uk18.jpg

こんな風に脱力系で思った線が出せた時、小さく「楽しい」と感じてしまいます。楽しいというか「むふふっ」という小さな小さなヨロコビと言った感じですかね。
posted by Hiro, at 22:13| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

ウエストミンスター寺院

uk17.jpg

旅の途中で、ささっとこのぐらい粗雑な感じで描ければいいのですが、
いざ道中で描こうとしても、なかなか出来ない。

描く場所や、時間的な問題もありますが、一番は心のゆとりでしょうか。
心のゆとりの無さの根源には、旅の途中でスケッチを楽しむという気持ちの有無の問題ですね。本当にスケッチが好きになれば、それが目的なのでスケッチするのが楽しく、描けるはずです。
まだまだ適当な落書きの域を出ないなぁ^^
posted by Hiro, at 13:52| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

バッキンガム宮殿

uk16.jpg
細かな装飾が多い建物は、どうしようかと思案してしまう。
やけになって乱暴に描いてみる事にした。
posted by Hiro, at 22:37| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

看板

uk12.jpg
イギリスのレンガ建物の壁。
この建物に入る会社名が、建築物本体に刻み込んである。
この場所で長く商いを続けるという姿勢の表れで、伝統のあるお国柄なのであたりまえの事なのか。字体もオーソドックスなものだ。きっと儲け主義でなく、良いものをそれが解る人相手に堅実な商売をしているのだろう。
最近も巨大企業がブランド名を変えたようですが、残念ながら日本では取り替えやすい後付の看板の方が良いようです。
posted by Hiro, at 07:49| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ハロッズ

uk6.jpg
英国のかなり歴史のある百貨店らしい。
店の名前の看板が、飾り気無くオーソドックスな文字で気に入りました。
日本の百貨店も派手でないものが多いけど、デザイン化はされておりここまでシンプルではない。
堅実な商いをする英国人らしさが出ているような気がする。
posted by Hiro, at 23:05| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

レンガの塔設計図?

rennganotou.jpg
鉛筆画があまりにもガタガタで、今にも倒れそうな塔になったので、ペンで描いてみた。
レンガを描くのにかなり時間と根気がいったけど、塔を描き終わる頃にペースがつかめて、その勢いで両脇の建物も描いた。

単純作業の細かい絵は、スキャンしてサムネイルを見るのが楽しい。
posted by Hiro, at 20:40| Comment(4) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

石作りの建物

ishinoie.jpg
無性に石をひとつひとつ描きたくて描き始めましたが、全部描くと何が何かわからなくなりそうなので、手前を描いた時点で止めました。
白抜きでもなんとなく絵になっている感じで、けっこう気に入ってます。

では九州にツーリングに行ってきます。
暫く更新が途絶えるかもしれません。
九州で落書きができればいいのですが。
posted by Hiro, at 17:33| Comment(4) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ドブロブニク その2

dubro002.jpg
昨日アップした街の中の様子ですね。
ペン画のあとに鉛筆で描くと、すごく開放感があります。
posted by Hiro, at 23:47| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

敦煌

bakkou.jpg
中国の旅行パンフレットから描きました。
一度は行ってみたい所ですが、かなり遠く時間が・・・いや、その前にカネが・・・・
posted by Hiro, at 19:04| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

モルディブ

moldive.jpg
なんだか可愛らしい水上コテージの写真があったので描いてみたけど、かなり無理がありました・・・・
水道設備やトイレの排水など、どうなってるんだろ?
posted by Hiro, at 21:43| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

ドラキュラ

bran.jpg
ルーマニアにあるブラン城という城で、ドラキュラ伝説のあるお城だそうです。
最近売りに出されたという新聞記事を見て描きました。
怖い雰囲気を出そうと思って絵が行きましたが、あまり怖く描けてないですね。
posted by Hiro, at 21:34| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

大草原の小さな家

sougennoie.jpg
新聞記事の写真から、アメリカの開拓時代の家です。
大草原の小さな家を再現した家だそうですが、テレビドラマの家より少し小さいような気がします。昨日の幌馬車も同じ所にあるそうです。
テレビドラマでは冬のシーンは少なかったように思いますが、実際は冬がとても厳しいアメリカ中北部地域の話だそうです。
posted by Hiro, at 22:35| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

中国

hououko.jpg
旅行のパンフレットから。
いつもヨーロッパ方面のパンフレットから描くことが多いのですが、今回は中国です。
中国の建物は屋根の造りがすでにデフォルメされているように見えるので、描くと楽しいかも。
posted by Hiro, at 08:10| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

イタリアのカフェ

itariacaffe.jpg
posted by Hiro, at 05:51| 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

時計台

rodosu.jpg
posted by Hiro, at 15:21| Comment(4) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

教会

kyoukai001.jpg
posted by Hiro, at 12:24| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

善き羊飼いの教会

hitujikai.jpg
posted by Hiro, at 17:14| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

玄関

gen.jpg
ミスコピー用紙裏 鉛筆HB

北欧の住宅の玄関です。
寒い地方なのでしっかりとした造りの家で、玄関先の階段に幼い女の子が座っている写真でしたが、自信がなかったので描けませんでした。
薄緑の家の壁に赤い服の女の子、緑の草花がとっても綺麗な写真でした。
posted by Hiro, at 14:35| Comment(0) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

アメリカ中部の家

usa.jpg
ミスコピー用紙裏 シャープペンシル

広大な土地に建つこんな感じの家に住んでみたいです。
posted by Hiro, at 11:07| Comment(2) | 建物(国外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする