2009年09月06日

駐車場の木

20090906090954.jpg
posted by Hiro, at 11:33| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

北海道から3

20090720134737.jpg雨ばかりで日程を早めて帰る事になった

小樽のニシン御殿

携帯電話ではニシンを漢字変換してくれなかった
posted by Hiro, at 19:51| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

北海道から2

20090720133354.jpg毎日のように雨が続いてます

地元の人も今年は雨が多く野菜が育たないと嘆いてる

紙も湿気が多く鉛筆の走りが悪い

いや鉛筆の走りが悪いのはいつもの事か…
posted by Hiro, at 06:41| Comment(3) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

北海道から

20090720132826.jpg北海道にいる

行きのフェリーで暇つぶしに描いた

フェリーが高速化して以前より12時間ほど乗船時間が短くなり、ノンビリ気分が感じられなくなった
posted by Hiro, at 13:32| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

くるみの木

20090514162139.jpgナチュラルな造りで、店内に木漏れ日があふれるカフェに来た

たくさんある木造の窓からは、緑の木々が見え、木漏れ日がテーブルの上で踊っている

雰囲気は申し分なく居心地は良いが、おしゃべりなマダム達の声がうるさく、アコースティックな癒し系のBGMがよく聞こえない

一杯500円の珈琲は高いと思うが、ほぼ満席だ

もう少し静かならまた来たいけれど…
posted by Hiro, at 16:36| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

はぐれぐも

F1001033.jpgはぐれ雲みたいにノンビリ漂ってどこかへ行ってみたい
posted by Hiro, at 12:22| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

北海道番外編

HK003.jpg
野ざらしに捨てられたトラクターを良く見かけた。
戦後の開拓時代に、アメリカ製のトラクターが随分活躍したそうです。
大型で、頑健そうな感じがアメリカ的でよろしい。
野ざらしで錆びていても、どこか存在感があるのも不思議。
なにか誇り高いオーラが出ていた。

そうそう、映画「ウォルター少年と夏の日」に出てきたおじいさんのような存在感だ。
posted by Hiro, at 22:38| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

北海道番外編 美瑛

HK002.jpg
美瑛の花畑で。
小さなひまわりのような感じの花でした。
posted by Hiro, at 21:13| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

北海道番外編 美瑛

HK001.jpg
無理やり引き伸ばした北海道旅行シリーズが終わって、全然描いてないので、数年前にバイクで北海道を走った時の絵を倉出ししてみた。

この年の美瑛には沢山のひまわり畑があり、何処も満開だった様に記憶しているっけど、今年は少なかったような感じがした。
この時は、見晴らしのいい美瑛の畑の中の道を、バイクでひたすら走り廻った。同じ道でも向きを変えて走ると違った光景が見えるんですよね。
今年、車で走るとまた違う感じがしたけど、やはりバイクで風を受けながら走るほうがいい。
posted by Hiro, at 23:22| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

北海道 小樽

hotaru.jpg
最後はこんな小さなしょぼい落書きになってしまいました。

道中は、旅行のプランを考え、運転し、子供らがたいくつしないようになぞなぞを考え、車を降りたら一緒に走り回り、写真を撮って、テントを設営し、朝撤収・・・と、のんびりと落書きする暇はなしでした><

来年はもっと日程を長くして行きたいですね。
しかし、長くても同じかも・・・
posted by Hiro, at 23:17| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

北海道 帯広

hobihiro.jpg
凄く広い平野部に、大規模な牧草地が広がっていて、絵を描く人にとっては構図に悩むかもしれない。
その点、構図もなにも関係なく描く落書きは気楽で良い良い。
posted by Hiro, at 21:52| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

北海道 襟裳岬灯台

herimo.jpg何も無いと言われてる所だけど、風をテーマにした見学施設が出来ていて、荒涼とした感じはなかった。
岬の先端にはアザラシやラッコがいるのが、望遠鏡で見ることができた。北海道にラッコがいるのは知らなかった。
posted by Hiro, at 06:18| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

北海道 釧路湿原

hkushiro.jpg
ここを訪れるのは4回目。
4回目にして始めて晴れで、全て見渡す事が出来た。
カナディアンカヌーで湿原の中の川も下る事ができました。
子供の頃読んだ釣り漫画の舞台になった場所で、いつか湿原の中に入ってみたいと思っていたけど、想像と違っていたのは水の色だけで、静けさや風景はそのものだった。
posted by Hiro, at 23:54| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

北海道 十勝ワイン城

hwane.jpg
建物は大きいけど、ワイン作りは地味なようで、見学できるのもほんの僅かだった。
しかしここの蕎麦生地のクレープは、てっとも美味しかったです。
posted by Hiro, at 21:39| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

北海道 美瑛

hbiei.jpg
以前バイクで走った美瑛の丘を、今回は車で走った。
やはりバイクで走って見る風景の方が好きだなぁ・・・
posted by Hiro, at 00:18| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

美瑛

bie030.jpg
来週は北海道で涼しく過ごせそうだ。
いつもの落書き帳と小さなスケッチブック(F0)と、簡単な絵の具セットをカバンには詰め込んだけれど。
posted by Hiro, at 10:57| Comment(1) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

丸山千枚田

marusenn001.jpg
三重県の南端にある丸山千枚田に行ってきた。
数ある棚田の中でも規模の大きさもさることながら、その傾斜と高度が圧巻でした。
それほど興味があった訳ではないが、山間の道を抜けてぱっと棚田が視界に入った瞬間、思わず「おおっ」と声が出た。
長老の話を聞くと、最盛期は2600枚あった水田は、後継者が少なくなり昭和40年代には激減し、数百枚まで数を減らして荒れたとの事。
800年の歴史を持つ棚田の火を消してはいけないと、行政などにも働きかけ、保存会を作り基金を募ってなんとか復活し始めたのが平成に入ってから。千枚田の名に嘘があってはと、千枚を目標に復活を果たしたと話してくれた。どの田から復活させるのかを決める際に、写真家や芸術家の意見を聞いて、景観の良さを考慮しながら決めたと聞いて少し以外だったが、感心した。
もはや生産のためでなく、見せるために田を耕す状態であるが、大きな駐車場があるわけでもみやげ物があるわけでもない。しかしトイレや遊歩道が整備されていて、見るのはタダでトイレも無料。そのあたりもとても感心させられた。

いわゆる「村」にどかどかとよそ者が入るのはどうかと躊躇していたが、ここは見に来て欲しい村なのだ。トイレ掃除をしていた老婆が、言った
「良く見にきてくださいました。ありがとう、また来てくださいね」と言う言葉に偽りはなく、喜びの言葉だった。
posted by Hiro, at 23:29| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

公園の木

tree098.jpg
近所の公園で子供たちを遊ばせている間に描いた。
先週は大阪市内の大きな公園に行ったけど、もの凄い数の人出で、子供らが餌に群がるアリのように見えた。
近所の公園はのんびり出来て良い良い。
posted by Hiro, at 07:04| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

小さな漁村

F1000748.JPG
連休の間に、熊野灘に面した海岸の小さな漁村へ行ってきました。
鉄道の駅もなく、国道も漁村の上を通過しているので、国道から村へ下る道は一本だけで、村で行き止まりとなる。しかし、それはバイクで訪れた私が勝手に行き止まりと感じただけで、漁村では船が主流だからそこから海への道が何処までも続いている訳だ。
これまでも何度か訪れた事があるけれど、漁船の背景に海岸沿いの斜面に民家が段々に立ち並ぶ様子がとても良い風情で、いつかここを描いてみたいと思っていた。
しかし、そうは上手くいきませんね。なんだか欲張って両方を一度に描こうとしたので、何がなんだかさっぱり解らない落書きに・・・。

防潮堤の下には、色鮮やかな魚が群れて泳ぐ様子が見え、落書きの良し悪しは別にして、晴れた日の静かな午後を、ゆったりした空気の中でのんびりした時間を過ごせました。
posted by Hiro, at 17:39| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

秘密基地

himitu01.jpg
子供が秘密基地に連れて行ってやると言うので、
「人に教えたら秘密基地ちゃうやん」などとマジな突っ込みを入れながら付いて行く。
我が家の周辺は低い丘陵地の新興住宅地で、所々小高いところが開発を免れて木立が残っていて、秘密基地もそんな場所にあったけど、隣のマンションからは目と鼻の先で丸見え。
でも、普段通る道が見下ろせて、その道からはわざわざ見上げないと気が付かない崖の上といった感じ。
下を歩く人が気付いていないと思うと少しだけ「秘密基地感」が味わえる。
子供が”基地の整備(枯れ枝を四角く並べるだけ)”をしている間に、そこから見える風景を描いてみた。
あっ、いかん。この風景が見えるところを探されると秘密基地がばれてしまう・・・
posted by Hiro, at 20:29| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする