2008年10月17日

西穂山荘にて 西穂

nishiho003.jpg
いろいろ忙しく、アップがご無沙汰に。
忙しいと言っても、仕事ではありません^^;

未だに山小屋で描いた落書きでだらだらしてます(笑)
posted by Hiro, at 21:55| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

西穂山荘にて B君の意外な行動

nishiho006.jpg
山小屋での2日目、談話室にすっかり根を生やしていると、小屋の人がちりとりとほうきで掃除を始めた。
すると突然B君が
「僕にやらせてください」と申し出て、あっけに取られる掃除のお兄さんからほうきとちりとりを奪い取り、掃除を始めた。
「なんでやねん」と言うと、
「山小屋の掃除に憧れてたんです、元々掃除好きなもんで」と。
そしてフロアを綺麗にした後、「小屋の売店のカウンターに自分が立っている姿を写真に撮りたい」と言い出し、小屋の人に断って、カウンターに入るので、彼のカメラで写真を撮ってあげた。

つのぶえに続き、B君のプチ奇行。
山は不思議な事が起こるところだ。


(書いてしまいました。B君ごめんなさい。)
posted by Hiro, at 23:19| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

西穂山荘にて 白馬岳

nishiho007.jpg
前回記事の翌日、朝食後の時間に前日夜と同じように談話室で本を読んだり絵を描いたりして過ごしていたら、昨夜笛を吹いてくれたバイト嬢が
「今日はウクレレを弾かないのですか?」と。
他のお客さんの邪魔になるからと言うと、誰もいない食堂で一緒に合奏しようと誘ってくれた。
ウクレレを持って食堂へ行くと、笛のケースを作ってくれたというバイトのお姉さんもやってきた。
が、そのバイト嬢も同じようなサランラップ芯の笛を持っているではないか・・・。
私は「ブルータスおまえもかぁぁ!」と言った心境で、少し複雑な気持ちになった。
しかし、音程の出ないサランラップ芯のつのぶえを演奏する二人のまなざしは真剣そのもので、その姿におかしさと同時に感動さえ覚えました。

B君は「Hiroさんはスナフキンのようですね」と、これまたつかみどころのない微妙なコメントに、複雑な心境になってしまいました。
posted by Hiro, at 09:21| Comment(2) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

西穂山荘にて 尾瀬

nishiho009.jpg
夜もふけて、小屋の談話室に人がいなくなったのを見計らって、ウクレレを弾きはじめると、小屋のバイト嬢が聞きに来てくれた。
そして「笛を作ったから合奏しよう」と自作の笛を持ってきた。
それがサランラップの芯に適当に穴を開けたもの。
それでも唇を震わせて「ぶー、ぶー」と音を出している。
その発想と物怖じしない姿勢に、若さ以上のものを感じて頼もしかった。
「ケースもあるんですよ!」と取り出したのが、サランラップが入っていた箱。テープを貼って”つのぶえケース”と書いてあった。
「箱はお姉さんが作ってくれました」と厨房で仕事中のバイト嬢を紹介してくれた。
そのお姉さんは、「仕方の無いかわいい妹でしょ」といった感じで、箱を作ってあげたのか、とその時は思った。

音程も何も関係なく、一緒に演奏して盛り上がった。
音楽は偉大だと、B君が感心していた・・・
posted by Hiro, at 22:16| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

西穂山荘で描いたコロボックルヒュッテ

nishiho010.jpg
面白い出来事もあったので、山日記を書こうと思いつつ、ぜんぜん筆が進まない。

「筆が進まない」と言う表現は、パソコンでワープロ打ちがあたりまえの時代になった今では、「打ち込みが進まない」と表現すべきか。
そのうち「筆ってなに?」と問われる時代が来そうだ。

筆が進まないと表現したけど、良く考えてみると書き始めてさえいないので、「筆さえ持ってない」と言うべきでした。
posted by Hiro, at 21:32| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

西穂山荘で描いた雲ノ平山荘

nishiho005.jpg
山小屋にいながら、他の山小屋を描くのもどうかと思うが。
雲ノ平は初めての登山で行った所で、とても感動した思い出があり、今でも一番好きな場所です。
一緒に行ったB君は、今回が初めての高山で、西穂山荘が初めての山小屋となった。

ずっと雨だったけど、B君にとってはどんな印象だったのかな。
posted by Hiro, at 23:20| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

西穂山荘で描いた燕岳

nishiho002.jpg
昨日無事下山。
登山と行っても今回は雨のため予定を変更して、ロープウェイ利用で行動時間は1時間ほど。
雨でずっと小屋に停滞。
おかげでのんびりと小屋ライフ満喫出来た。
木の山小屋で、いい音楽に落書き、気が向けばコーヒーと、こんな山行きがあってもいいか。

最初の計画で行く予定だった燕岳、小屋に置いてあった写真雑誌を見て描いた。
posted by Hiro, at 10:43| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

西穂山荘から2

20080922113538.jpg雨があがらず停滞中
ウクレレやハーモニカ、読書、落書きとそれなりに忙しい(笑)
posted by Hiro, at 11:39| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

西穂山荘から

20080921155825.jpg山にいます
雨模様で外でスケッチができず、小屋で写真を見て描いた(笑)。
これではいつもと同じだ。
晴れて欲しい。
posted by Hiro, at 17:36| Comment(0) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

北海道番外編

HK003.jpg
野ざらしに捨てられたトラクターを良く見かけた。
戦後の開拓時代に、アメリカ製のトラクターが随分活躍したそうです。
大型で、頑健そうな感じがアメリカ的でよろしい。
野ざらしで錆びていても、どこか存在感があるのも不思議。
なにか誇り高いオーラが出ていた。

そうそう、映画「ウォルター少年と夏の日」に出てきたおじいさんのような存在感だ。
posted by Hiro, at 22:38| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

北海道番外編 美瑛

HK002.jpg
美瑛の花畑で。
小さなひまわりのような感じの花でした。
posted by Hiro, at 21:13| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

北海道番外編 美瑛

HK001.jpg
無理やり引き伸ばした北海道旅行シリーズが終わって、全然描いてないので、数年前にバイクで北海道を走った時の絵を倉出ししてみた。

この年の美瑛には沢山のひまわり畑があり、何処も満開だった様に記憶しているっけど、今年は少なかったような感じがした。
この時は、見晴らしのいい美瑛の畑の中の道を、バイクでひたすら走り廻った。同じ道でも向きを変えて走ると違った光景が見えるんですよね。
今年、車で走るとまた違う感じがしたけど、やはりバイクで風を受けながら走るほうがいい。
posted by Hiro, at 23:22| Comment(2) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

北海道 小樽

hotaru.jpg
最後はこんな小さなしょぼい落書きになってしまいました。

道中は、旅行のプランを考え、運転し、子供らがたいくつしないようになぞなぞを考え、車を降りたら一緒に走り回り、写真を撮って、テントを設営し、朝撤収・・・と、のんびりと落書きする暇はなしでした><

来年はもっと日程を長くして行きたいですね。
しかし、長くても同じかも・・・
posted by Hiro, at 23:17| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

北海道 帯広

hobihiro.jpg
凄く広い平野部に、大規模な牧草地が広がっていて、絵を描く人にとっては構図に悩むかもしれない。
その点、構図もなにも関係なく描く落書きは気楽で良い良い。
posted by Hiro, at 21:52| Comment(4) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

北海道 襟裳岬灯台

herimo.jpg何も無いと言われてる所だけど、風をテーマにした見学施設が出来ていて、荒涼とした感じはなかった。
岬の先端にはアザラシやラッコがいるのが、望遠鏡で見ることができた。北海道にラッコがいるのは知らなかった。
posted by Hiro, at 06:18| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

北海道 釧路湿原

hkushiro.jpg
ここを訪れるのは4回目。
4回目にして始めて晴れで、全て見渡す事が出来た。
カナディアンカヌーで湿原の中の川も下る事ができました。
子供の頃読んだ釣り漫画の舞台になった場所で、いつか湿原の中に入ってみたいと思っていたけど、想像と違っていたのは水の色だけで、静けさや風景はそのものだった。
posted by Hiro, at 23:54| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

北海道 十勝ワイン城

hwane.jpg
建物は大きいけど、ワイン作りは地味なようで、見学できるのもほんの僅かだった。
しかしここの蕎麦生地のクレープは、てっとも美味しかったです。
posted by Hiro, at 21:39| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

北海道 美瑛

hbiei.jpg
以前バイクで走った美瑛の丘を、今回は車で走った。
やはりバイクで走って見る風景の方が好きだなぁ・・・
posted by Hiro, at 00:18| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

北海道編 旭岳

Hasahi.jpg
北海道から先週の日曜日深夜に帰ってきた。
翌日から仕事。
部屋にはテントなどキャンプ道具の散乱したまま一週間。今日ようやく片付いて、画像もとり込めた。
二日目に登った北海道最高峰の旭岳。最高峰と言っても、途中まで立派なケーブルカーが運んでくれ、頂上まで2時間ほどで登れる。
頂上からは草原や針葉樹林の合間に小さな湿地が点在し、2000mほどで森林限界を迎えるという、本州では見ることが出来ない景観が良い。
posted by Hiro, at 22:46| Comment(2) | 山・山小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

美瑛

bie030.jpg
来週は北海道で涼しく過ごせそうだ。
いつもの落書き帳と小さなスケッチブック(F0)と、簡単な絵の具セットをカバンには詰め込んだけれど。
posted by Hiro, at 10:57| Comment(1) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする